Pocket


■患者■

50代・女性

■来院■

2018年4月

■症状と来院理由■

前日、お姉さん座りから立ち上がる際に腰がグキッとなり、それから痛みが徐々に酷くなってきた。

当院での治療歴があり、いつも行なっている動作確認を行なってみた。

前屈みと、右側へ身体を捻る動作が出来ず、痛みの再現があった。

ホームページで予約状況を確認。

翌日に空きがあったことから、そのまま予約を行い来院に繋がった。

■治療内容と経過■

来院前から動作確認がとれていた事から、原因になるであろう腿とふくらはぎを確認。

前屈みと身体を捻る動作に関係する筋肉に緊張があったため、そのまま鍼を行った。

筋緊張が緩んだ事を確認し、問題の動作を行なっていただくとお尻と腰の付け根(仙腸関節)付近に筋緊張を感じそこに痛みが移っていた。

この筋緊張を緩めるため、背中と肩甲骨にあるツボへ鍼を行う。

するとお尻全体の筋緊張が緩み、問題の動作を行なっても痛みは再現されなくなった。

腰痛を発症した動作を再現してもらったところ、しゃがむ動作で腰に重さが出た。

足の動作に注目して確認すると、足首の硬さが見つかった。

その足首の硬さを緩めるため足の甲に鍼を行なって、再度動作確認を行なった。

問題なくお姉さん座りが出来、またそのまま問題なく立ち上がる事も出来た。

痛みの再現がなくなった事から、今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状■

足首の硬さ、肩こり

■使用した主なツボ■

殷門、飛揚、T1(1.5)、肩稜、中腰

■治療技術■

脊柱編、四肢編、五体躍動編

■考察■

当院が「動きから痛みの問題にお応えしている」ことをよく解っていただけていたことが、早期の解決に繋がりました。

来院前に2つの動作まで絞り込めていたことから、触診箇所も最小限。

さらには、痛みの原因が痛い箇所にはないことも解っていただけていた。

だから原因が【肩こり】と【足首の硬さ】にあったことも腑に落ちていただけた。

毎日、半身で手足の同じ動作を繰り返し行なっていたことが【肩こり】と【足首の硬さ】の原因でした。

日頃行わないお姉さん座りの姿勢が腰痛の引きがねになったようです。

再発防止のため、同じ動作の間には肩と足首を休めるストレッチを行なって頂けるようにお願いしました。