Pocket


■患者■

40代・女性

■来院■

2018年2月

■症状と来院理由■

競泳の大会後、身体の左側に体重を乗せると腰に痛みを感じるようになった。

翌日、痛みが強くなった事と、何故かめまいも発症。

腰の痛みのこともあり横になっていた。

横になっている状態でもめまいを感じてしまう。

不安から病院へ行くか悩んだ。

悩んだ結果、腰痛を先に治してからと、通院歴のある当院へご予約を頂き来院に繋がった。

■治療内容と経過■

腰痛をメインにという事で、痛みの箇所を指し示して頂き触診。

腰というよりもお尻に原因となる筋緊張があり、そこが首こり・肩こりにも関連していた。

肩、腰、お尻と連動する、背中と手の甲にあるツボへそれぞれ鍼を行った。

すると直ぐに筋緊張がとれ、肩、腰、お尻が柔らかくなり左側に体重を乗せても痛みが出ることはなくなった。

次にクロールのプルの動作で右肩に違和感が出ることを思い出し再現。

動作時に右肩に不自然な筋肉の盛り上がりが出る事がわかった。

調べると、身体の捻れを生み出す背中と肩甲骨周囲の筋肉の緊張が見つかった。

それらの緊張を緩めるため、足の脛にあるツボへ鍼を行った。

すると背中と肩甲骨周囲の緊張が取れ、プルの動作で出ていた違和感はなくなった。

最後に、めまいの症状を改善するために頚椎の捻れを調べる。

しっかりとめまいに関係する頚椎に捻れが出ていた。

その原因である筋緊張を緩めるため足首にあるツボへ鍼を行い頚椎が正常な位置に戻った事を合図に抜鍼。

立ち上がって頂きいろいろ動作を行なって頂き、めまいがなくなっている事を確認して、今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状■

首こり、肩こり、めまい

■使用した主なツボ■

T1(1.5)、精霊、光明、大鐘

■治療技術■

脊柱編、連動思考編、五体躍動編

■考察■

クロールの際、息継ぎは左側で行なっているとのことでした。

その事で、左へ振り向く動作を練習から大会まで繰り返し行なっていた。

身体の捻れがその反復動作によって固まり、腰痛とめまいの原因となっていた。

めまいに関しては、軽度ではあったが身体、特に首の捻れ固定による頭の揺さぶりが関係しているのではないかと思われました。

発症後2日目に相談していただけたので、1回の治療で完治できたと思います。