いつもご来院ありがとうございます。

なかなか私たちのことを知っていただく機会もないため、少し自己紹介をさせていただきます。

よろしければご覧ください。

◇◆プロフィール◆◇
氏名 小田正志(おだ ただし)
出身 山口県
国家資格【はり師免許】【きゅう師免許】
家族 妻と子供2人(男、男)
私の自慢 第1子が産まれる際、自宅で私が取り上げました(病院に行くのが間に合わなかったためです・・)

◇◆院長ヒストリー◇◆

■幼少期からの私

山口県周南市で平凡なサラリーマン家庭の長男として誕生しました。

小・中学校時代は剣道を習い、毎日隣町まで自転車を漕ぐこと約30分。

練習もきつかったですが、この自転車も大変だったことは間違いありません。

しかし毎日の努力の積み重ねもあり、全国大会にも出場できました。東京の日本武道館での全国大会が良い思い出です。

毎日剣道の練習三昧のお陰で、遊ぶ時間はほぼなくあっという間に、中学時代を迎えました。

中学ではバレー部に入り3年生では主将を務めたり、陸上部に入り砲丸投げでは新人戦で優勝を果たすなど、とても充実していました。

高校時代は、想像し辛いと思いますが、バンドを少しかじりました。女子にモテたかったのです。

さほどモテることはありませんでしたが・・。

あとは応援団に入り応援団長として壮行会や試合会場での活動に力を入れました。

そしてここからが私の暗黒期です。

大学に一旦入学したものの、東京へのあこがれが強く親に頼み込み、結局大学を中退し、1年浪人生活へ。

それでも行きたかった大学には入れず、縁があり名古屋の大学に落ち着くことになりました。

散々好き勝手に進路を変更させてもらったおかげで、当然大学は、じり貧生活。とにかくバイトにつぐバイト生活で毎日をしのぎました。それでも、良き友との出会いもあり充実した大学生活でした。

■東洋医学との出会い

私が働いていたのはもともと医薬品販売の会社です。『人の役に立ちたい!』と思い入社しました。

この時仕事をする中で漢方に触れる機会があり、仕事も兼ね勉強していくうちに東洋医学が面白いとを知り、様々なご縁がきっかけで、現在の鍼灸の世界に入るきっかけになりました。

■鍼灸専門学校へ

鍼灸の勉強をしたいなと思い始めて数年。

30代になり結婚もしている中、退職してまで自分の思いを貫くべきか、もしくは思いは伏せてこのまま会社勤めをするのか、人生の進め方に迷いながらの悶々とした日々を送っていました。

鍼灸学校は3年間の現実を知りながらも、迷いつつ鍼灸学校の見学や願書をこっそり取り寄せていた時に、妻に願書が見つかり、当然大激怒されるという現実は、想像しやすいかと思います。

(実はこの頃、妻のお腹には赤ちゃんがいたのです・・・。なので反対されて当然でした)

結果、願書はゴミ箱に葬られました。しかしやはり鍼灸学校が諦めきれず、粘ばりに粘り生活費はバイトで何とかすることを条件に夜間の鍼灸学校へ行くことになりました。

この3年間は一つでも多くを吸収したいという思いも強く、鍼灸院でバイトや生活費を稼ぐためのバイトなどしきりに勉強とバイト生活。暇さえあれば、鍼灸の本を読み漁る日々。心身ともに疲れ果て、心折れる日もありましたが、自分の選んだ道に後悔はありませんでした。

専門学校時代、”神の手を持つ鍼灸師”と言われる天眞道 佐伯気功鍼灸院の院長、佐伯顕行先生との出会いがあり、免許は持っていませんでしたが、聴講生として経絡治療に特化した師の開校する勉強会にも毎月通い、鍼の世界について多くを学びました。

(お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、当院の院名はこの師匠の院からいただいたものなのです。)

この鍼灸学校時代に、私生活では息子も産まれ生活は目まぐるしくも、毎日が時間との闘いで鍼灸師になるべく国家試験の勉強に明け暮れました。

■ついに鍼灸師・独立

無事国家試験も突破し鍼灸師になり、最初は様々な治療院を掛け持ちと、往診なども続け、いつか自分の院を持つことを夢見て、鍼施術の技術磨きに力を注ぎました。

この時にお世話になった多くの院長とは今も情報交換をしたりと、良い関係を続けてこれています。

また現在も、当院がお休みの日はこの頃にお世話になっていた所に、月2回、往診で伺っていいます。

これは私自身が初心を忘れないようにするためであり、鍼灸師として駆け出しの頃から励まし続けてくださった方々への恩返しと思い伺っています。

そして晴れて、小さいながらも院を構えれたのは免許取得後、6年目。

最初は夢いっぱいでしたが、現実はあまり贅沢できる状況ではなかったので、自分のできる範囲で院を構えることになりました。それでも院が持てたことの喜びの方が大きかったです。

当然院を自分で構えれば、大変なことも事実あります。

それこそ1年目は半日は往診や他の鍼灸院でアルバイトをしながら、そして午後から開院というシステムで何とか稼働しました。

2年目からは思い切って1本立ち。お陰様で少しづつ患者様にも来ていただけるようになり、何とか院を続けることができ現在を迎えています。

院を構え現在に至ります。まだまだ駆け出しの院ですが、コンビニよりも多く存在すると言われる業界で、3年続けば安泰という言葉に、不安が襲いかかってくる日々もありましたが、多くの皆様に支えていただけたことが今に繋がっています。

そのためにも私自身が施術への情熱と、技術研鑽を怠らずにいなくてはという思いです。

鍼技術について

鍼灸師として駆け出しの頃は”ささない鍼”に力をいれていました。

しかし新たなご縁で”整動鍼”という手技に出会い、こちらにも力を入れるようになりました。

まさに現在当院で行っている『鍼の本数が少ないことが特徴の技術』”整動鍼”です。

この技術は勉強会が東京・北海道であるため、愛知県で取得している鍼灸師はごくわずかです。

私自身はこの整動鍼にほれ込み、とにかく技術勉強会が楽しみで仕方ないという状況が2016年以降続いています。

今では年間に何人か、整動鍼を体験しに、当院へ鍼灸師の方がちらほら来院くださいます。

ここで繋がったご縁で、何人かの整動鍼を取り入れる鍼灸師が誕生しました。そして勉強会で互いに切磋琢磨しあう仲間になったのは嬉しい限りです。

開院してみて振り返ると

改めて、鍼灸の世界は自分自身が思い切り打ち込めると心から思えた、私にとってのかけがえのない場所です。

そしてこれこそが「自分自身が人様のお役に立てることができる!」と実感しぶれない軸です。

是非これからも一人でも多くの方に、鍼のすばらしさを知っていただき、辛い状況から抜け出すことのお手伝いをさせていただけたらと思っております。

◇◆受付・育士ヒストリー◇◆

受付・保育士を担当しております小田 清恵と申します。

私はもともと大学時代に海外旅行に目覚め、旅行の楽しさが忘れられず、大学卒業後、某旅行会社に入社しました。

ここでは約17年勤務し、国内・海外の添乗や企画・手配・受付業務などを経て、充実した会社員生活を送ることができました。

旅行会社時代はとにかく仕事に追われ、常に深夜まで残業は続きましたが、自分のあこがれて入社した会社での仕事。忙しさの変わりに得たものも多くありました。

「海外や国内の至る所に行けていいね」と良く友人からは言われましたが、仕事となれば話しは別です。常に新しい場所に行くことになりますので、プレッシャーはかなりありました。

それでも、やはり添乗業務は刺激も多く、また多くの良いお客様にも出会い、人生でかけがえのない体験ができた時間でした。

今でもその頃のお客様とは懇意にさせていただいており、社会人としても育てていただいたと思っております。

しかし、出産後は添乗もほぼ行かなくなり、デスクワークがメインとなり会社員としては大きな転換期を迎えていました。

特に2回目の育休復帰からの2年は40歳手前ということも手伝い、あまりの目まぐるしさにキャパオーバーで自分を見失った時期でもありました。

そんな時、身体が悲鳴をあげはじめていることに気が付き、一旦自分をリセットしてみようと、迷いながらも思い切って退職を選びました。

40歳前後で身体も含め女性は人生の流れが変わると言われますが、まさにその通りでした。

その後、現在は当院の受付として日々奮闘中?!です。

また、保育士としても、お子様連れの方にはお子様託児サービス(無料)を担当しております。

保育士としては実は新人です。(保育園で早朝保育に務め出し3年目です。)

この保育士を目指したのは、自分も少しでも何か役に立ちたい!と悶々としていた頃、受付だけじゃなくて保育士の免許を取って、お子様をお預かりしたら、人様の役に立てるかもしれない!と思ったからです。

そして、全くの畑違いですが猛烈に勉強して、保育士免許を取得しました。

私自身、2人の母です。

子育てしながら仕事ができ、現在があるのは、いつも周りの人に支えて頂いた賜物だと思っております。

特に子供たちが保育園時代は仕事も多忙を極め、そんな時に心の支えになったのが、保育園の先生の存在でした。

だからこそ、保育士としては駆け出しですが、その時の恩をどこかでお返しできたらという熱い思いで、日々当院での保育業務にも携わっております。

お子様と一緒に当院にご来院いただいた際には、少しでもお子様のために、また親御様のお役に立てるよう、お預かりをさせていただきたいと思っております。

日々のストレス、育児のちょっとしたイライラ、人にはなかなか言えない愚痴、何でも気軽にお話しください。

少しでも心も軽くなって笑顔でご帰宅される様子を見ることが、私にとってのモチベーションです。