便秘症

1.どんな人に多い?

便秘は若年層から高齢層までの、どの年齢層でもみられる便の悩みです。

男性よりも女性の方が多いことも、便秘の特徴のひとつであるようです。

女性は10代の思春期から便秘になる人が多く、20~50代と便秘人口は横ばいですが、60代以降から急に増加する傾向にあります。

男性は若い時には便秘で悩む人は目立ちません。しかし、60 代以降は女性とほぼ同じくらい便秘になる人が増加します。

どの年齢層にも見られるのですが、60代以降の年齢層に男女関係なく増加傾向にあるのが便秘なのです。

2.腸の働き

食べた物が、便として出てくるまでの消化器官は約9mあります。

その中でも腸は約8m近くあります。

小腸で栄養素が消化吸収され、大腸で消化されなかった食物から水分を吸収して、便がつくられます

3.便秘ってどんな症状なの?

便秘の症状には次のような傾向があります。

  • 「何日も出ない」
  • 「下剤を飲まないと出ない」
  • 「便が硬い」
  • 「コロコロ便」
  • 「いきんでも出しぶる」
  • 「残便感」
  • 「指でかき出さないと排出できない」

個人差はありますが、3日に1回から1日3回の排便がある方は、便秘ではないとみてもいいでしょう。

その反対に、1週間の便の回数が2回未満の人は、便秘である可能性が高いと言えます。

また、「便が硬い」「コロコロ便」「いきんでも出にくい」「残便感」「指でかき出さないと排出できない」などの症状のうち、2つ以上の症状が頻繁にある人も、便秘の疑いがあります。

4.考えられる原因は?

日常生活の習慣、腸の働きの異常、他の病気からの影響、薬の副作用など様々なことが原因になりえます。

  1. 食物繊維の摂取量が不足しがちな、偏食やダイエットによっても便秘になりやすいです。
  2. 日常的に体を動かす機会が少ないと腸の蠕動運動が不活発になり、そのことが原因で便秘になったりもします。
  3. 自律神経の不調が原因で腸の蠕動運動が低下する「過敏性腸症候群(IBS)」も、便秘症状を伴う場合があります。(※腹痛を伴う特徴的な便秘は、IBSの疑いが強いため専門院の受診をおすすめいたします。)
  4. 骨盤底にある直腸やその周辺の異常によって便が出にくくなる人もいます。
  5. 大腸がんが便秘の原因になることもあります。
  6. ホルモンの病気や神経の病気も便秘の原因となります。
  7. 中には治療のため飲んでいる薬の副作用で便秘になる場合もあります。

※病気や薬がきっかけで便秘になった場合は、かかりつけの医師へご相談ください。(3~7のケースなど)

5.自分で出来ることは?

はり治療や病院にかかる前に、まずは食事や運動などの生活習慣を見直してみましょう

■今の食生活を見直し、バランスのとれた食事と栄養摂取を心がけましょう。

水溶性食物繊維(水にとけ便を柔らかくする働き)・・・こんにゃく、昆布、ひじき、わかめ、果物

不溶性の食物繊維(水分を含んで膨らむ)・・・根菜類、きのこ類、緑黄色野菜、穀類、豆類、イモ類

乳酸菌(腸内環境の整備)・・・ヨーグルト、糠漬け、みそ

水分補給(水分を含んだまま吸収)

ビタミンE(腸の血液も増え、腸 の働きを促進させる)・・・植物油(コーン、大豆、サフラワー油)、小麦麦芽、落花生、アーモンド、たらこ、卵黄、マーガリン

・ビタミンB1(自律神経を刺激し、腸の働きを自動調整する)・・・玄米、小麦麦芽、ごま、大豆、豚肉、うなぎ

※上記は便秘に関して一般的に言われている内容です。便秘のタイプや症状によっては悪化する場合がありますので、ご自身にあったケアをおこなっていただきますようお願いいたします。

■運動不足になりがちな人は、意識して定期的に運動をする習慣をつけ便秘をすこしずつ改善してみてください。

・腹筋を鍛える

・ウォーキング(正しい姿勢で腹筋などの腸周辺の筋肉を使うため、体の外側から腸の蠕動運動を助ける動きを行います)

また、散歩や買い物、帰宅時にひと駅前で下車など、歩く距離をいつもより少し伸ばすような、確実に毎日続けられるセルフケアから始めてみましょう!

6.あなたのタイプは?

ご自身と近い症状のタイプを探してみてください。(あくまで参考までとなり、セルフチェックとなります)

【タイプ1】弛緩性便秘・通過時間遅延型便秘 

【タイプ2】直腸性便秘・便排泄障害型便秘

【タイプ3】痙攣性便秘・通過時間正常型便秘

7.便秘の種類

前述でもある通り、一言で「便秘」といっても様々な種類があり、対処法もそれぞれ異なります。

ご自身に当てはまるタイプをご覧ください。

【タイプ1】弛緩性便秘・通過時間遅延型便秘

■腸の運動機能が低下

腸の蠕動(ぜんどう)が弱いため腸の通過に時間がかかる一番多いタイプの便秘です。

症状は「何日も便が出ない」という排便の回数が少ないことが特徴です。

また、このタイプの便秘では、お腹が張る食欲の低下便意をあまり感じないなどの症状も起こります。

このタイプは大腸の緊張低下や、運動不足などによって起こります。

【このタイプの方へのおすすめ】

・筋力の衰えが原因のため、ジョギングウォーキングなどで少しずつ筋力を鍛えましょう。

・腸の運動が弱くなっているタイプなので、根菜や緑黄色野菜などの不溶性の食物繊維を積極的に摂ることで、腸を刺激することを意識することをおすすめします。

【タイプ2】直腸性便秘・便排泄障害型便秘

■直腸に便が停滞

骨盤底の知覚の問題で便が出にくくなるタイプの便秘です。

症状は「いきんでも出にくい」「残便感がある」など便が出にくいのが特徴。

また便意を我慢することが多いと、直腸の神経が鈍くなります。

直腸性便秘は、便が直腸まで送りだされているのに、便意が生じなくて起こる便秘です。

直腸内に大量に便がたまって水分が吸収されるので、硬くなった便によって蓋をされた状態になってしまいます。

【このタイプの方へのおすすめ】

・水溶性食物繊維水分を積極的に摂って、やわらかく量のある便の状態を作ることを目指しましょう。

・刺激性の下剤は、お腹が痛くなる原因のため、極力控えることをおすすめします

・朝食をとり、朝はトイレに行くといった規則正しい生活習慣をつくることが大切です。

【タイプ3】痙攣性便秘・通過時間正常型便秘

■大腸の過緊張

腸と神経のバランスがくずれて腸の蠕動運動が不安定になるタイプの便秘。

過敏性腸症候群の便秘型がこのタイプに相当し、比較的、若年層に多く、腹痛がともなう場合や腹部膨満感を伴うことが特徴です。

ストレスにより自律神経が乱れて、大腸が過敏になり起こる場合が多くあります。

【このタイプの方へのおすすめ】

・痙攣性便秘の方は、腸内環境を整えてくれる働きがある水溶性食物繊維を含む海草やこんにゃくなどを意識的に摂ると効果的です。

・逆に不溶性の食物繊維(根菜、緑黄色野菜、きのこ、豆類など)は大腸への刺激が強くなるため、場合によっては症状が悪化する恐れもあるので摂取は控えましょう。

8.どんな場合に病院?

  • 便秘の症状が続いて毎日の生活に支障を来す場合
  • 便に血液が付いたり混ざっていたりした場合
  • 腹痛やお腹の張りを繰り返す場合

以上の場合は必ず医師に相談してください。

また、便秘の症状があって「体重が急に減ったり、毎日気分がすぐれない場合」も受診が必要となるケースです。

9.病院で行われる診察・検査

  • 問診:便秘症状をその他の症状や服用薬、既往歴など一緒に詳しくお聞きする。
  • 腹部と直腸肛門の診察。
  • 腹部の単純レントゲン写真・血液検査:問診や診察で疑われる病気によってはその日のうちに行うこともあります。
  • 大腸カメラ・注腸レントゲン検査 :腸を空にする前処置が必要なので後日に行います。
  • 排便造影:骨盤底の原因を詳しく調べる検査として、このような特殊な検査を行う場合もあります。

10.病院で出される薬の種類

一 般的に便秘に対して処方される薬は緩下剤です。

『カマ、マグラックス、ミルマグなど』

酸化マグネシウム系と呼ばれる便を柔らかくする薬です。

腸への刺激性がなく穏やかな効き目のため毎日の服用に適してます。

1日の使用量が2グラム以内であれば便の硬さによって減らしたり増やしたり、自分で調節しながら服用して大丈夫な薬です。

『ブルゼニド、アローゼン、ラキソベロンなど』

刺激性下剤と呼ばれ、腸の蠕動を刺激して便を出やすくする薬です。

慣れないとお腹がしぶる痛みを感じることがあります。

また逆に腸が慣れてしまうと下剤としての効き目が鈍くなることがあります。

従って服用量が次第に増える傾向があります。

習慣的に服用しないで、必ず処方される医師と相談しながら服用するようにしてください。

『アミティーザ』

比較的新しい下剤として小腸からの腸液の分泌を増やし、自然に便を出やすくする分泌性下剤です。

刺激性下剤のような、お腹のしぶるような痛みを伴うことがなく、長期に服用しても効き目が悪くなることはありません。

服用後に吐気や下痢がみられた場合は、かかりつけの医師と相談してください。

他にも…

ビフィズス菌製剤や乳酸菌製剤などの『整腸剤(ラックB、ミヤBM、ビオスリー、ビオフェルミンなど)』『腸管運動調節剤(ガスモチン、ガナトン、セレキノンなど)』が、症状に応じて下剤といっしょに処方されることがあります。

11.下剤以外の治療方法(病院)

・『バイオフィードバック訓練』

骨盤に原因する便秘のなかで、アニスムスとか協調障害と呼ばれるいきんだ時に骨盤底に力が入りすぎて便が出せない人に対して行う排便リハビリのような理学療法。

・『手術』

直腸瘤や直腸重積と呼ばれる、いきんだときに直腸が変形して便が出にくくなる場合に行うことがあります。

・『結腸切除術』

まれですが大腸の蠕動が極端に低下している病気(結腸無力症)では行うこともあります。

12.鍼施術が便秘に有効な理由

病院での検査で異常が見つからず「原因不明」 となると、下剤や漢方を飲み続けなければなりません。

しかし、病院の検査では、『腹部の筋緊張』 が原因とされる便秘は見逃されています。

なぜなら、便秘の原因である『腹部の筋緊張』をピンポイントで緩める ことが苦手だからです。

その点で、「鍼施術」は、一瞬でピンポイントに『筋緊張』を緩める ことがとても得意。

ですから、見逃しがちな原因である『腹部の筋緊張』を緩めることが可能なんです。

『腹部の緊張』をピンポイントに緩めることで、腸への血流を改善し排便に必要な副交感神経を整えます。

そして、腸の蠕動運動を正常化し便秘の症状を改善へ導くのです。

だから、『腹部の筋緊張』を原因とした便秘や慢性便秘には「鍼施術」 がとても有効なのです。

お腹に出来やすい筋緊張のポイント

モニター症例

ケース1はこちらから ⇒コロコロ便・閉塞感

ケース2はこちらから ⇒服薬副作用

首こり・腰痛の相談でおすすめの鍼灸院 | 名古屋市名東区一社駅徒歩2分050-3637-4189受付時間は水・土・日・祝日除く 10:00-20:00

24時間Web予約受付