Pocket


■患者■

30代・女性

■来院■

2018年2月

■症状と来院理由■

出勤準備で靴下を履こうと前屈みになった瞬間に「グキッ」と腰に痛みが走った。

前屈みで靴下を履くことを諦め、足を後ろへ蹴り上げる様な姿勢で靴下を引っ掛け、なんとか履くことができ出勤。

受付事務の仕事のため、就業時間内は大半が着座状態。

昼休みで立ち上がろうとした瞬間に腰の痛みがピークに。

職場に近く、以前にも通院履歴があったことから電話。

午後から仕事を休んで来院にいたった。

■治療内容と経過■

具体的に痛い箇所がわからなかった。

そのためベットにうつ伏せになって頂き、直接腰周囲を確認すると腰、臀部に筋緊張を発見した。

腰と臀部の筋緊張に関係する、手の甲にあるツボへ鍼を行うと緊張が緩み立ち上がりやすくなっていた。

動作確認を行うと痛みが反対側へ移っていた。

痛みを訴えた箇所が肩こりにも関連していたため、肩こりと痛みの箇所の筋緊張を緩める背中にあるツボへ鍼を行なった。

緩んだことを確認し、立ち上がって頂き動作を確認すると、肩こりもなくなり前屈みしやすくなっていた。

だが、前屈みの際にまっすぐ身体を倒せず、少し身体を捻らせていた。

調べると背中に小さな筋緊張を見つけた。

それを緩めるため肩甲骨の上部にあるツボへ鍼を行い緩んだことを確認して再度前屈みになって頂くと、先ほどまであった捻れは出なくなった。

また、不意に右側へ振り向く動作を行なった時に、腰に詰まった感じが残ったため、ふくらはぎと膝の内側にあるツボへそれぞれ鍼を行った。

再度、右側へ振り向く動作を行なって頂くと詰まり感はなくなっていた。

靴下を履く動作を行い、腰の痛みが再現されないことを確認したところで、今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状■

肩こり

■使用した主なツボ■

精霊、T1(1.5)、肩稜、飛陽、峡川

■治療技術■

脊柱編、連動思考編、五体躍動編

■考察■

左側へ重心が流れてしまう姿勢の癖があり、座っている時には足組してしまう。

長時間のその着座姿勢が影響し右半身の肩、背中、腰、臀部、膝が硬くなっていた。

足組という身体を捻る姿勢で硬くなっていたため、立ち上がる際や前屈みの動作で痛みが出ていた。

右半身の硬さを緩める事で解決した症例でした。