Pocket


■患者■

60代・女性

■来院■

2018年4月

■症状と来院理由■

最近、ダンスの発表会があり集中して練習していた。

その流れもあり腰の重さはあったとのこと。

発表会当日、会場の足元が寒く長時間出番を待っていた事から、急に踊り出した事をきっかけに腰と右膝の裏側内側を痛めてしまった。

椅子から立ち上がる際や、立った姿勢から身体を軽く反らす動作で腰が痛い。

膝は歩いたり、足に動きをつけると痛みが発症する。

市販の湿布を貼り痛みが治まるのを期待していたが治らず、肩こりで通院したことのある当院へ連絡し治療を受ける流れとなった。

■治療内容と経過■

触診を始めると身体の捻れを生む筋緊張が背中に見つかった。

また、身体を反らせる動作で痛みが出る事から背中を触診すると、反らす動きを詰まらせる筋緊張が見つかった。

これらの筋緊張を緩めるために、足の脛と手にあるツボへそれぞれ鍼を行なった。

すると背中が緩み身体を捻る動作と反る動作が自然に出来るようになり、腰と膝の痛みを訴えなくなった。

次に、いつもの肩こりを診せて頂く。

肩首の筋肉と呼応するお尻の筋肉に筋緊張が見つかった。

その筋緊張を緩めるため、背中と肩先に鍼を行なった。

お尻の緊張が緩み、呼応して肩も柔らかくなった。

肩の動作確認を行うと、忘れていた右腕を挙げる動作が楽になっていた。

主訴の腰痛と膝痛が動作で再現しなくなったため、今回の治療はここまでとした。

■同時に治療した症状■

膝裏内側の痛み、肩こり

■使用した主なツボ■

光明、後谿、T1(1.5)、巨骨、T4(2.5)

■治療技術■

脊柱編、連動思考編、五体躍動編

■考察■

ペアダンスのため相手に向かって身体を捻る振り付けが多かったことが災いしました。

追い込みの練習で繰り返し同じ動作を行なっていたため、特定の筋肉に緊張が生まれて発症した、そんな腰痛がでした。

合わせて待ち時間に身体を冷やしてしまったことが筋緊張を助長し、急に激しく踊ったことで悪化。

プロではないとしても、ウォーミングアップは怪我の予防のため行って欲しいです。

痛い箇所だけに拘らず、動作とそれに伴う筋緊張を正確に捉えたことで解消できた症例でした。