整動鍼とは

法則性の発見

関係がないように見える筋肉上、そこに存在する2点の筋収縮に、実は相関的な法則があったことに気がついたのが始まりです。

ある筋肉上の一点に過緊張が存在する時には、また別のある筋肉上の一点にも、同じような過緊張が存在していました。

そして、前者の過緊張が弛むと、後者の過緊張も同じタイミングで弛むことが分かったのです。

こうした相関的な法則性が人体には無数に存在していたからこそ、筋緊張を瞬時に緩めることが得意 な鍼で治療としての再編ができたのでした。

ツボと動きの関係、そして施術

ツボには動きを制御する役割があります。

筋肉の中に緊張度の高い所が存在することで、動きに規則性が生まれます。

その緊張が過度になると動きを必要以上に制限、そして余計な負荷をかけてしまい、筋肉や関節の痛みが発生するのです。

そこで、その過度の緊張を瞬時に緩めることが可能なのが鍼なのです。

その鍼を利用し筋肉や関節の痛みを、ツボで動きを整える技術で改善。

その技術が『整動鍼』なのです。

脳科学から法則性・はり治療を解説(動画約2分)

筋肉同士の「張力」を整えることが大切です!

コリのある肩、痛みのある腰に直接鍼を行わない理由は動画でお分かりいただいたと思います。
肩こりや腰痛などの関節や筋肉に問題がある場合、はりきゅうルームでは「症状のある場所」ではなく、「原因そのもの」に対して鍼施術を行います。

通常痛みや症状のある部分に意識は集中します。

問題なのは症状部位そのものではなく、動きの異常です。動きの異常が”痛み”をもたらします。動きに狂いが生じると関節や筋肉に余計な負担をかけ、関節や筋肉のダメージが回復しても、動きに問題が残ったままになることがあります。これが慢性的な症状の原因の一つです。

そこで、動きを調整するためのポイントは張力です。体が快適に動いているのは、動画のA点とB点のように適度に引っ張り合っている関係が無数にあるからです。この引っ張り合う関係性が狂うと、関節や筋肉に負担がかかり痛みやコリなど異常が発生します。
ツボとは、この引っ張り合うA点でありB点のことです。
引っぱられている側(痛み)ではなく、引っぱっている側(原因)に鍼をすることで、バランスを保つことができ、身体にとって無理が生じないため、痛みを緩和していくことができます。