整動鍼とは

法則性の発見

関係がないように見える筋肉上、そこに存在する2点の筋収縮に、実は相関的な法則があったことに気がついたのが始まりです。

ある筋肉上の一点に過緊張が存在する時には、また別のある筋肉上の一点にも、同じような過緊張が存在していました。

そして、前者の過緊張が弛むと、後者の過緊張も同じタイミングで弛むことが分かったのです。

こうした相関的な法則性が人体には無数に存在していたからこそ、筋緊張を瞬時に緩めることが得意 な鍼施術としての再編ができたのでした。

ツボと動きの関係、そして施術

ツボには動きを制御する役割があります。

筋肉の中に緊張度の高い所が存在することで、動きに規則性が生まれます。

その緊張が過度になると動きを必要以上に制限、そして余計な負荷をかけてしまい、筋肉や関節の痛みが発生するのです。

そこで、その過度の緊張を瞬時に緩めることが可能なのが鍼なのです。

その鍼を利用し筋肉や関節の痛みを、ツボで動きを整える技術で改善。

その技術が『整動鍼』なのです。

脳科学から法則性・はり施術を解説(動画約2分)

痛みがある場所ではなく離れた場所に原因がある!

はりきゅうルームでの考え方

「症状のある場所」ではなく、「原因そのもの」に対して鍼施術を行います

・痛みなどの症状がある場所≠原因ではない

・痛みなどの症状がある場所=離れた場所に原因がある

 

通常体がスムーズにに動いているのは、筋肉と筋肉が適度な強さで、お互いに引っ張り合っている関係が維持できているためです。

この引っ張り合う関係性がどちらかにゆがみ始めると、関節や筋肉に負担がかかり痛みやコリなどの異常が発生します。

そのため『症状』である引っぱられる側ではなく、『原因』である引っぱっている側に鍼をすることで、適度な引っ張り合いを維持でき、身体にとって無理が生じないため、結果的に痛みを緩和していくことができます。

肩こり・五十肩・腰痛の相談が多い鍼灸院 | 名古屋市名東区一社駅徒歩2分050-3637-4189受付時間は水・日・祝日除く 10:00-20:00(土曜は14:00まで)

24時間Web予約受付