名古屋市名東区 一社駅の鍼灸院 l 腰痛症・頸肩腕症候群(首こり・肩こり・腱鞘炎・頭痛・耳鳴り・突発性難聴・倦怠感)・慢性便秘

機能性ディスペプシア(FD)

  • HOME »
  • 機能性ディスペプシア(FD)
Pocket

機能性ディスペプシア(FD)とは?

ディスペプシアは、胃の痛みやもたれなどの不快な腹部の症状を指す医学用語です。

現在、「胃が痛い」「胃がもたれる」というディスペプシア症状で病院へ通う人がたくさんいます。

ですが、内視鏡検査などで調べても胃潰瘍など、はっきりとわかる原因が見つからないケースが多くなっているのです。

このような症状があるのに原因が見つからないというケースは、胃の活動(動き)・感覚など、胃の機能が悪くなったことが原因ではないかという考えから、「機能性ディスペプシア(以後※FD)」という診断名が生まれました。(機能性胃腸症とも呼ばれる)

すなわちFDとは、「原因が不明であるにもかかわらず、慢性的にみぞおちの痛み(心窩部痛)や胃もたれなどのディスペプシア症状を示す病気」を総称している診断名なのです。

※英語表記functional dyspepsiaの頭文字をとって「FD」

このようなFD患者様は、これまで「慢性胃炎」と診断されてきました。

慢性胃炎とは、胃に炎症がある場合の診断名です。

ですが、胃に炎症がない場合でも症状が出現していたり、その反対に胃に炎症があったとしても症状が出現しない場合もあるのです。

これは、胃の炎症は必ずしも症状(慢性胃炎)と一致しているわけではないということです。

ですからFDは、慢性胃炎とは異なった病気なのです。

鍼灸施術に適しているFDのタイプ

1.胃・十二指腸運動障害タイプ

このタイプのFDには①胃排出の異常と②胃適応性弛緩の異常が存在します。

①胃排出とは

食べた物を胃から十二指腸へ送ること

②胃適応性弛緩とは

食事のときに胃が拡張して食べ物を貯留する能力のこと

胃排出は遅くても早過ぎても症状と関連する可能性があり、胃適応性弛緩の障害は早期飽満感(※)と関連しています。

※早期飽満感 = 通常の食事量が食べきれずに、すぐにお腹がいっぱいになること

2.胃・十二指腸知覚過敏障害タイプ

知覚過敏とは少ない刺激で症状が出やすいことです。

FD患者さんでは、健常者より軽い胃の拡張刺激で症状が出現します。

また、十二指腸での胃酸や脂肪に対して知覚過敏となって症状が出ることがあります。

FDに鍼灸施術が適している理由

これらの障害は自律神経反射(内臓-体性反射)によって腹筋群を収縮(硬く)する性質があります。

鍼灸は、その腹筋群をピンポイントで緩めることがとても得意な施術。

その鍼灸施術によって緩んだ腹筋群が、自律神経反射(体性-内臓反射)によって胃・十二指腸の緊張も緩め、自然回復を促します。

ですから、このタイプのFDには鍼灸施術が適していると言えるのです。

同じ様な胃の症例 ⇒ 『食欲低下の原因になった首肩こり』

地下鉄一社駅から徒歩2分のビル内 【完全予約制】 TEL 050-3637-4189 受付時間 9:00 - 20:00 (水・日・祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

■ 私が担当します

小田院長

【氏名】小田正志( おだ ただし )
【出身】山口県周南市( 旧徳山市 )
【免許】はり師・きゅう師
【所属】一般社団法人整動協会
【治療技術】整動鍼( 症例集参照 )

■ 症例検索( 腰痛など症状を入力 )

■ 保育士資格保有者が見守ります!

お子様連れの施術も安心!⇒ 詳細はコチラ
小さなお子様連れの方も安心してご来院ください。

 

■ 営業日カレンダー

ネット予約受付

2018年11月24日 (土)

時間 予約
10:00
11:20
12:40
14:00
15:20
×
16:40
×
18:00
×
19:20
×

【◯】:ご予約いただけます
【△】:数が限られています
【✕】:ご予約いただけません
【-】:受付外(休鍼日など)

■ LINEで当日ご予約・お問い合わせ

■住所・電話番号・営業時間

050−3637−4189
●月〜金:10時〜21時(土は~15時)
※日・祝・水曜休鍼
  • facebook
  • twitter
一般社団法人 整動協会

■ ご来院地域

【愛知県内】名古屋市名東区、千種区、北区、東区、西区、守山区、熱田区、緑区、昭和区、中村区、瑞穂区、天白区、中川区、日進市、一宮市、江南市、北名古屋市、豊明市、春日井市、稲沢市、知多郡東浦町【県外】岐阜県可児市、安八郡、千葉県成田市、神奈川県横浜市

PAGETOP
MENU
HOME
その他