Pocket


■患者■

60代・女性

■来院■

2018年3月

■症状と来院理由■

お掃除中に掃除機を持ち上げようと、前屈みの姿勢になった際に腰からお尻にかけて左右両側に痛みが走った。

しゃがんで持ち上げようと試みると、今度は腰と右膝の内側に痛みが走った。

肩こり治療で通院歴がある事から、当院での治療に繋がった。

■治療内容と経過■

痛い箇所を指差して頂くと、腰というよりはお尻の上部に痛みが出ていた。

最初に痛みが出た前屈みの姿勢を再現して頂くと、右足の方だけ踵が浮いてしまうことが分かった。

先ずはこの踵を浮かせてしまう、腰椎に付着している筋肉の張りを緩めるためにふくらはぎに鍼を行なった。

鍼を抜き終わった後に前屈をして頂くと、踵が浮かなくなり痛みの範囲が狭くなった。

お尻の上部に残った筋緊張を緩めるため、背中にあるツボへ鍼を行った。

すると直ぐに筋緊張が緩み、さらに痛みの範囲が狭くなった。

しゃがみこむと腰と膝の内側に痛みが出る事から、膝の曲げ伸ばしと関係する腰の筋肉を緩めるため、肩にあるツボへ鍼を行なった。

しゃがみこむ動作を確認すると、踵を床につけたまま、下までしゃがみこむ事が出来る様になっていた。

最後はいつも通り、左側の首肩こりを緩めるため、肩先にあるツボへ鍼を行い、緩んだことを確認して鍼を抜いた。

再度、前屈の姿勢としゃがみこみ動作を行い、痛みが無くなったことを確認頂き今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状■

右膝内側痛、首肩こり

■使用した主なツボ■

築賓、飛陽、T1(1.5)、巨峻、巨骨

■治療技術■

脊柱編、連動思考編、五体躍動編

■考察■

習い事でダンスを踊られている患者様でした。

新しい振り付けで、右足を軸にしてターンが増えたそうです。

軸を真ん中から右へズラした上に、ヒールを履いて踊っているそうです。

そのため、踵が浮いた状態で安定するに身体に変化していました。

ヒールの高さに身体の使い方が慣れてしまっていたため、ヒールを履いていない時に前屈したり、しゃがみこむという動作で腰の痛みが出ていたのです。

踵を釣り上げる様に筋緊張が肩まで起きていることに気がつき、その緊張を緩めることで解消された腰痛の症例でした。