肩の症例:五十肩

■患者:50代の女性

■来院:2016年8月

■症状:以前から左の肩こりが酷く困っていた。今朝目が覚めてカーテンを開けようとした時に痛みで左腕が挙がらず相談でご予約頂いた。肩の外転・内転・伸展はまず問題なく動作出来ていた。問題は屈曲で腕が肩の高さを越えたところから痛みが出るというところ。肩の高さに屈曲出来ないので結髪動作は出来ない。結滞動作は辛うじて出来るが、背中を掻く動作を再現して頂くと痛みが再現される。

■治療内容と経過:触診で頚椎・胸椎の歪みを確認。棘突起が左へ回旋していることが分かり、日頃の鞄など手荷物をどの様に持っているかを確認。気を付けてはいるそうだが、左肩にかけることが多いとのこと。左肩の内旋・鎖骨・頚椎・胸椎の動作改善を整動鍼で行う。合計7本、左手と左足に刺鍼して動作確認。「うわぁ、挙がる!」耳の手前まで挙がるように成った。抜鍼して手首を返して頂き最後の1本を刺鍼しもう一度確認。「あぁ、問題ない!挙がる!本当に!?挙がってるの?」という感じで1回で改善した。お仕事が忙しいとのことで次回予約は取れなかったが、今月中にもう一度確認を取らせて頂きたいとお願いして今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状:骨盤の歪み

■使用した主なツボ:僕蔘・六谷・魚際・列缼・内谷・外谷・養老・六谿

■考察:問診で確認できた日頃の手荷物の持ち方と、骨盤の前傾位で蓄積された筋緊張が原因で発症したと思われる。前々から肩こりも左側が酷く、その兆候はあった。左側はO脚もあり全体的に左半身のバランスが崩れている。壁に背を当てて姿勢や筋緊張のバランスを日頃から確認して頂く様にお願いした。地味な作業だがこの積み重ねが再発防止に成るので頑張って欲しいです。