Pocket


■患者■

40代・男性

■来院■

2018年3月

■症状と来院理由■

倒れてきた荷台を受け止めた衝撃で腰と右肘を痛めた。

階段の上り下りで骨盤の上の方が痛む。

湿布を貼って様子を見ていたが、3日経っても痛みが引いて来ない事を不安に思い、毎月通っている当院へ連絡し治療に繋がった。

また、肘は曲げ伸ばしや、ジャムの蓋を捻る動作で痛みが出る。

■治療内容と経過■

右側の骨盤の上に痛みが出るという事で触診を行った。

荷台を受け止めた際にかかった、負荷が通ったライン上に痛みが出ている事が分かった。

動作確認を行ったところ、肩・腰・膝と詰まりがあり、上下に身体を伸ばす動作で痛みが再現された。

これらの詰まりを緩めるために肩にあるツボへ鍼を行った。

腰と膝の詰まりが緩み、身体を上下に伸ばす動作を行なっても
痛みは再現されなくなった。

次に右肘の動作に関係するポイントを触診すると筋緊張があった。

その緊張を緩めるために背中にあるツボへ鍼を行うと、一瞬で緊張が緩み肘を曲げ伸ばししてみても痛みを感じることは無くなっていた。

身体を上下に曲げ伸ばしする動作を行なって、痛みが再現されない事からこれで今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状■

右肘の痛み

■使用した主なツボ■

巨峻、T4(2.5)

■治療技術■

連動思考編、五体躍動編

■考察■

腰の痛みを腰だけで改善しようとしてもなかなか上手く改善はされない。

今回の場合は荷台の重さが身体のどこを通って、どこで止まったかを考える事で、肩にあった筋緊張に治療点を求めました。

筋肉は筋(すじ)と呼ぶこともあり、その筋に重さが伝わると抵抗して硬くなります。

その筋が身体のどこを通じて、どこに止まるのか。

その事をしっかり観察し、改善のため最善のツボを選ぶことで、2本という少ない本数で腰痛と肘の痛みを改善した症例でした。