名古屋市名東区 一社駅の鍼灸院 l 腰痛症・頸肩腕症候群(首こり・肩こり・腱鞘炎・頭痛・耳鳴り・突発性難聴・倦怠感)・慢性便秘

鍼灸が初めての方へ

  • HOME »
  • 鍼灸が初めての方へ
Pocket

1.こんな心配していませんか?

○当院では初めての方でも安心していただけるよう、丁寧な説明を心がけています。

○院長は国家免許取得者で、専門技術を修得しています。

 また技術を磨くために研修会などにも定期的に参加し、技術向上をはかっております。

○安心と安全のため、使い捨ての鍼を最小限のツボに使っています。

頭痛、首こり、肩こり、腰痛、便秘など、その関連症状を得意としております。

 

2.当院の特徴

1.安心できる

施術前の情報提供と説明に力を注いでいます。

2.すぐに効果がわかる

施術の精度を高める修練を続けています。即効性こそ鍼治療の魅力と考えています。

3.理論がシンプル

難解な鍼灸医学をわかりやすく整理して実践に使用しています。

4.鍼の数が少ない

必要なツボと不必要なツボをしっかり区別して、余計なことは致しません。

5.少ない回数で良くなる

問診と触診で原因を見定めて、原因を取り除くことに全力でアプローチします。

3.国家免許所有者の施術です

鍼灸は医師と鍼灸師のみ許されている治療法です。

正確には「はり師」と「きゅう師」の2つの免許ですが、合わせて「鍼灸師(しんきゅうし)」と呼ぶことがほどんどです。

「はり師」「きゅう師」は厚生労働省管轄の特別養成専門学校で単位を取得し、国家試験に合格した者だけが取得できる免許です。取得には最低でも3年の期間が必要です。

※はり師免許(複製禁止)

※きゅう師(複製禁止)

4.遠慮なく「ハリは初めてです」とお話しください

鍼灸院が初めての方が安心できるように、施設の利用方法から鍼の上手な受け方に至るまで詳しくご説明します。

5.専門性の追求

鍼灸は運動器疾患から内臓疾患まで幅広い分野で有用性が認められています。

全ての分野を平均的に学ぶことも一つの道ですが、当院では得意分野の徹底強化を選びました。

6.「鍼灸」の読み方

鍼灸は「しんきゅう」と「はりきゅう」、どちらも正しい読み方です。

鍼灸院は「しんきゅういん」と「はりきゅういん」のどちらも正解です。

鍼灸師は「はりきゅうし」と呼んでも間違いではありませんが「しんきゅうし」と呼ぶことの方が多いです。

7.どんな症状に効くの?

鍼灸の効果は幅広く様々な症状に対応することができます。

当院では「頭痛、首こり、肩こり、腰痛、便秘」など、その関連症状を得意としております。

尚、お身体の違和感のある部分を観るだけではなく、全体を観て原因を解決していきます。

8.鍼って痛そうだけど・・・

当院は、国内メーカの鍼を使用しており、国内でよく使われている一般的なものです。

鍼自体はとても細く、髪の毛くらいの太さくらいで、直径は0.16mmしかありません。

そのため注射の針とは全く違うものです。

鍼メーカーもできるだけ痛みの少ない鍼を開発しています。完全に無痛とは言い切れませんが、極めて微細な感覚です。刺鍼の際ほんの少し「チクッ」と皮膚を突かれる程度です。爪楊枝の先っぽで皮膚を突いた時くらいの程度です。

ただ、刺鍼の感覚とは別に、鍼治療の効果をもたらす『ひびき』とよばれるものがあります。刺鍼時に「ズーン」と感じたり、温かく感じたりすることがあります。

9.鍼が抜けなくなることは?

刺した鍼が抜けなくなる。または刺さった鍼が折れてしまうこともありません。

鍼は必ず抜けるように、そして折れないように作られています。

10.鍼で感染することは?

鍼は使い捨てのものを使用しております。もちろん、鍼の使い回しはしませんので、他の患者さんの病気が感染することもありません。

鍼自体は1本1本パウチされており、施術の直前に開封します。そのため雑菌やウイルスが付着していることはありません。

また術者の手も頻繁に消毒していますのでご安心ください。

鍼は、注射針と違い細いため、抜いた後に出血しません。まれにごく微量の出血がある場合もありますがすぐに止まります。

血液が出ないため、それだけを考えても感染のリスクが低いと言えます。

11.症状の悪化・副作用はないの?

鍼治療は極めて安全性の高い治療法です。もちろん、知識のない者がむやみに鍼を使えば危険であることは言うまでもありません。鍼治療ができるのは医師と鍼灸師のみです。患者様に危険が及ぶような行為や、症状が悪化するリスクのある治療は行っておりません。当院でも次のことを確実に守っています。

1.危険な場所に鍼を刺入しない

2.適切な刺入深度を守る

3.多すぎる刺激によって体を疲れさせない

また、鍼治療には副作用がありません。鍼治療では消毒以外の薬品をいっさい使いません。

時折、施術後に身体がだるくなったり、症状が一時的に強くなったりすることがあります。これは瞑眩(めんげん)と呼ばれ、刺激量が適切でないことから起こりうる場合もありますが、治癒過程で出現する場合がほとんどで、これは半日から一日すると消失しますのでご安心ください。

 

12.症状がない時でも受けてよい?

症状が強く出ている時に受診すべきか、落ち着いている時に受診すべきか、迷うかもしれません。どちらでも大丈夫です。行ける時に行くのが一番です。

例えば、頭痛の際に、

痛みが激しすぎて外出すらままならない時は自宅でゆっくりしておいた方がよい場合があります。無理なく移動できる程度の痛みであれば、すぐに治療を受ける方がよいでしょう。

群発頭痛は激痛で外出は無理ですから、無症状の時に起こしください。問診によって症状の特徴を割り出し最適なツボを選ぶことができます。

13.妊娠中でも受診できるの?

妊娠中の方も条件付きでお受けしております。

ご予約の際に妊娠している旨をお伝えください。妊娠週数をお尋ねしますので正確な週数を教えてください。

通院中のご負担を考えて、安定期以降(16週)~臨月直前(35週)までの方のみお受けしております。

尚、範囲外の方は付き添いの方とご一緒であればお受けできる場合がございます。

14.服は全部脱ぐの?

施術専用の患者着(半袖・半ズボン)に着替えていただきます。施術時には、必要な部分だけ露出させます。

後ろはマジックテープのため、必要な時に部分的に開けて刺鍼をいたします。

15.通院ペースは?

症状によって、必要な回数と通院ペースは異なります。

初鍼からの目安は週に1~2回の通院ペースです。

症状が落ち着くと1~2週間の間隔、その後3週間に1回のペースという感じで少しずつ緩めていきます。

最適な通院方法をご提案します。

※通院を強制することはありませんので、初回はお試しのつもりでご利用ください。また初回で完結する場合もあります。

16.1回の施術時間は何分くらい?

初回は約60分(来院からお帰りまでの時間)、2回目以降は約40分(着替え⇒施術⇒会計)となります。

簡単な問診 ⇒ 当院の施術方法や考え方などをご説明 ⇒ 着替え ⇒ 施術 ⇒ お会計・次回のご予約など

施術時間は一定ではありません。その時のお身体の状態に合わせて行います。直ちに好転した場合は(余計な刺激で回復を妨げないために)早めに終了します。

17.鍼(はり)専門

当院は「はりきゅうルーム」と名付けていますが鍼専門です。機械を使わない純粋な鍼治療です。指圧やマッサージも行わず、全てを鍼の技術に注ぎ込んでおります。

鍼の専門家をお探しの方にとって、当施設は間違いなく最適な選択となるでしょう。一般的な鍼灸院では難しくても、鍼専門の鍼灸院であれば可能なことがあります。

当院への問い合わせは便利なLINEで

地下鉄一社駅から徒歩2分のビル内 【完全予約制】 TEL 050-3637-4189 受付時間 9:00 - 20:00 (水・日・祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

■ 症例検索( 腰痛など症状を入力 )

予約カレンダー

ネット予約受付

2018年9月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
2018年8月

【◯】:予約の空きがございます
【△】:数が限られています
【✕】:ご予約いただけません
【-】:受付外(休鍼日など)

■住所・電話番号・営業時間

050−3637−4189
●月〜金:10時〜21時(土は~15時)
※日・祝・水曜休鍼

■ LINE@友だち追加はこちらから

友だち追加
※友だち追加はこのバナーをクリック!
※追加頂くと当日の問合せに便利です。
※LINE@限定の情報配信もあります。

  • facebook
  • twitter
一般社団法人 整動協会

■ ご来院地域

【愛知県内】名古屋市名東区、千種区、北区、東区、西区、守山区、熱田区、緑区、昭和区、中村区、瑞穂区、天白区、中川区、日進市、一宮市、江南市、北名古屋市、豊明市、春日井市、稲沢市、知多郡東浦町【県外】岐阜県可児市、安八郡、千葉県成田市、神奈川県横浜市

PAGETOP
MENU
HOME
その他