Pocket


■患者■

70代・女性

■来院■

2017年12月

■症状と来院理由■

2年前から腰痛で整形外科に通院していた。

腰椎に狭窄があり、原因であるかは判らないが薬とリハビリで治療を行なっていた。

靴下を履く動作、体育座りが出来ないという主張を聞き入れてもらえずモヤモヤしながらリハビリを行なっていた。

そんな時にインターネットで腰痛治療について調べていたところ、当院のホームページを発見。

10例以上の腰痛に関しての症例を掲載したブログを読んでいるうちに、薬やリハビリ以外の治療方法もあるんだと知り電話。

ご予約に至った。

■治療内容と経過■

【初回】靴下を履く動作で痛みが出ることから背中と足底を触診。

この動作痛独特の筋緊張がみつかった。

この筋緊張を緩めるため足の内側にあるツボへ鍼を行なったところ、靴下を履く動作がスムーズに行え痛みを感じなくなった。

立ち上がった際に左のお尻に痛みを感じるという事で触診すると、股関節の後ろ側に筋緊張がみつかった。

この筋緊張を緩める手の甲にあるツボへ鍼治療を行った。

すると、立ち上がって左足に体重をかけてもお尻に痛みを感じなくなった。

背中が丸くなりがちという話があり、お腹を触診すると2箇所筋緊張があり、それぞれ手足に鍼を行い緩んだ事を確認し初回の治療は終わった。

次回、足首の治療を4日後に。

【2回目】4日後、痛みが変わったと前回に続いて腰痛の治療から。

靴下を履くという動作ではなく、前屈みの動作で痛みが出るようになっていた。

うつ伏せで触診を行うと、前屈みに関係する筋肉の緊張がみつかった。

この緊張を緩めるために太ももの裏側にあるツボへ鍼治療を行うと、前屈みの動作がスムーズに。

ただ、ベルトを巻くラインに少し気になる腰痛が残っているという事で関係する足底と膝、肩を調べると全てに反応があった。

これらを緩める肩にあるツボへ鍼治療を行うと前屈みで痛みを感じることは無くなっていた。

残るは足首の痛み。

背屈という身体へ足首を引き起こす動作が重く硬いことが触診で分かった。

足底と腰を触診で調べると足首の動作に関わる筋肉に緊張がみつかった。

それらの緊張を緩めるために、背中と足の甲にそれぞれ鍼治療を行なった。

足首の背屈がスムーズになり、治療室内を歩いて頂いても痛みを感じないことから今回の治療は以上で終了した。

■同時に治療した症状■

足底筋膜炎(軽度)、右足首の痛み

■使用した主なツボ■

【初回】地機、精霊、合谷、足三里

【2回目】殷門、巨峻、T12(0.5)、白腰

■治療技術■

脊柱編、四肢編、腹背編、五体躍動編

■考察■

靴下を履く動作が苦手という訴えから、背筋を丸めたり伸ばしたりする動作に着目。

靴下を履く動作とは背中をやや丸める事で行える動作。

問診でこの動作について聞いてみたところ、綺麗な姿勢になるためにと背筋を伸ばす動作を意識して行なっていたことが分かった。

実は背筋が極端に伸ばされると、太ももを引き上げる動作の障害になることがある。

今回の腰痛は良かれと思って毎日行なっていたことが原因となっていた。

また、足首に関しても、腰椎周囲の筋肉の緊張が原因になっていた。

姿勢を綺麗に保とうとする努力がかえって腰痛を悪化させていた症例でした。