多くの女性は一度は、「生理痛」に悩んだことはあると思います。

「生理痛」といっても、症状が重い・軽い、症状の出る場所もまちまちです。

頭痛、腰痛、腹痛、イライラ、憂うつ・・・など。

あまりにも「生理痛」が重く、日常生活に支障が出る程であれば、辛さを我慢するのではなく、緩和させるための方法そして原因を探ることが大切です。

生理痛に関してこんなお悩みありませんか?

名古屋市名東区一社にあるはりきゅうルーム恵眞道(けいしんどう)は、その場限りの生理痛のつらさからのがれるための鍼灸(はりきゅう)治療ではありません。

根本的な原因を探し解消し、再発を防ぐことを目的にしています。

そして薬やピルなどに頼らず、生理痛の痛みに悩まない生活をおくれるお身体にしていくことが目標です。

「生理痛」は年齢と共に変化します

身体は年齢と共に変化しています。

そのため同じく、子宮も変化をとげ成熟し、ホルモンの分泌量が変わっていくことで生理の状態も変化します。

これに伴い、「生理痛」も変化していきます。

「月経困難症」という言葉をご存知ですか?

日常生活に支障をきたすほどの「生理痛」のことを「月経困難症」といいます。

「月経困難症」の主な症状

・頭痛 ・下腹部痛 ・腰痛 ・吐き気 ・下痢 ・憂うつ ・食欲不振 ・お腹が張る ・イライラ ・脱力感        など

「月経困難症」の原因は2タイプです

タイプ① 器質性月経困難症・・・子宮や卵巣の病気が原因

タイプ② 機能性月経困難症・・・強い子宮収縮、ストレス、体質が原因

 

鍼施術が得意のタイプは、病気ではない自律神経反射に関係する「機能性月経困難症」です。

 

 

なぜ「生理痛」に鍼施術がよいの?

鍼施術は、ピンポイントで緊張を緩めることが得意です。

機能性月経困難症自律神経反射(内臓-体性反射)によって下腹部の筋肉が緊張する性質があります。

実はこの腹部の緊張が、下腹部痛下痢、吐き気など症状引き起こします。

さらに進んで背中へも緊張が伝わり、腰痛頭痛を引き起こすというケースが多くあります。

そこで、鍼施術では下腹部の緊張を緩め、自律神経反射(体性-内臓反射)によって子宮・卵巣の緊張も緩め、自然回復を促していきます。

これが鍼施術が「生理痛」に有効な理由となります。

男性鍼灸師なのが気になる・・・という方がいらっしゃるかもしれません。しかし女性疾患だからといって、直接患部への施術というわけではありません。

鍼を打つのは主に手や足、背中などの部分です。

またお腹などを施術着の上から触診したりすることがある程度です。

使用するツボは異なりますが、肩こりや腰痛などの他の疾患での施術と変わりありませんのでご安心ください。

生理痛を和らげる日常生活でのセルフケア

生理痛を少しでも緩和させるためには、まずは生活習慣の見直しや生活リズムを整えることも大切です。

薬で何とかやり過ごすのではなく、日常生活でご自身の身体をほんの少しいたわってみませんか?

 

首こり・腰痛・生理痛専門の鍼灸院050-3637-4189受付時間は水・土・日・祝日除く 10:00-20:00

24時間Web予約受付