Pocket

脇腹痛 : 痛くて腕が挙げられない

■患者■
50代女性

■来院■
2017年6月

■症状と来院理由■
右脇腹に器具を酷くぶつけてしまい痛める。整形外科で「2ミリ程度のヒビかな?レントゲンにも写らないかも」と言われ、痛みがひかなかったため、少しでも退けばと当院へご相談。

また、仕事で60キロ位の荷物を引き寄せて抱きかかえる動作をよく行なっていて、両肘が痛くなっていた。

■治療内容と経過■
ベットへ横たわる為に腕を着く動作でも痛みが出る様で物凄い形相。

触診で肩甲間部と脇腹の痛い箇所を確認し、肩甲骨内側の痛みを先に治療することに。

右ふくらはぎと膝裏に鍼を行い確認。

患者様:「あぁ、痛みがやわらぎました」

1度起き上がって頂き腕を挙げて頂く。

患者様:「挙げることに痛みも不安も無くなりました。ただ…」

私:「脇腹の痛みですね?」

患者様:「はい。来た時よりは随分とマシなんですよ。でも…」

仰向けで再度横になって頂き、お腹を触診。

私:「あぁ、ここと、ここ!張ってますね。これらを緩めてみましょう!」

患部とは反対の左側の膝下に鍼を行う。

スゥーッと患者様の肩の力が抜けて行くのが見てとれました。

抜鍼後にまた座って頂き腕を挙げて頂くと。

患者様:「えぇ、痛くないんですけど!ほんと鍼って不思議ね!」

脇腹の痛みが無くなったことに満足されてか、帰りの準備を始められていたので。

私:「まだ、肘の治療が残ってますよ」

患者様:「あぁら、ヤダ!もうすっかり忘れていました。それ位、脇腹痛かったの!」

最後に肩甲骨を触診させて頂き、2箇所鍼を行わせて頂き痛みが取れている事を確認して、本日の治療は終了しました。

■同時に治療した症状■
右肩甲間部・両肘痛

■使用した主なツボ■
委陽・飛陽・承山・足三里・陽陵泉・ふくら⑤

■考察■
交通事故の治療のケースでもあった事です。接触があった患部に痛みが出ているのですが、痛みの原因として実は反対側の筋肉が圧縮されて起こっている筋緊張でした。『アナトミートレイン』という理論からも、同じ箇所に筋緊張が生まれやすい事が言われていて、原因箇所の特定がスムーズに運んだので直ぐに痛みが消えました。健康な身体あっての肉体仕事に就いていらっしゃるので、翌日から仕事への復帰の目処がたって私もホッとした症例でした。