ひざの痛み:狭い通路を歩いていると…

■患者■
40代の女性

■来院■
2017年1月

■症状と来院理由■
昨年末、仕事で人とすれ違う事が出来ない位に狭いバックヤードを歩くたび、膝に痛みが走り年始の休みの内に何とかしたくて来院。

■治療内容と経過■
膝が痛くなった経緯についてお話を聞いてみた。仕事中に、ステップへ右足だけ乗っかり、右手を伸ばして片手で棚から鍋を上げ下ろしする事が多く、それくらいしか原因になりそうな事は思い浮かばないとのこと。凄く真面目な方で動作の再現までして頂いた所で腰と上げ下ろししている腕の関係が気になり背中を触診させて頂いた。私:「腰も痛くありませんか?」患者様:「膝が痛くなる前は腰に少し違和感がありました。」このやり取りからスネに原因があると判断し原因点へ1本刺鍼。患者様:「えっ⁉︎それだけですか?」抜鍼後に私:「えぇ、そうです。では歩いてみましょうか。」患者様:「嘘でしょう‼︎痛く無い!屈伸出来る!腰も伸びてる!」3往復も治療室をして頂けたので完治したと判断して今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状■
腕の挙上時痛・腰痛

■使用した主なツボ■
玖路

■考察■
今回の治療の決定打は患者様の動作再現の正確さに限ります。この動作が腰痛の原因になる「草引き」と類似していたことから反応点、原因点が瞬時に割り出せました。そう!膝を屈曲した状態で腕を前方へ伸ばす動作。同ケースでは洗顔時の前屈して蛇口へ腕を伸ばす動作もあります。今回は腰痛をコルセットで押さえていたために膝へ影響したと考えれらる症例でした。