Pocket

花粉症モニター(2)

■患者■
40代女性

■来院■
2017年3月

■症状と来院理由■
お腹の調子を整えるために通院していたところに「花粉症対策モニター募集中」のお知らせを聞き、即決ご参加頂きました。

■治療内容と経過■
【初回】鼻呼吸が苦しく、眼球を取り外して水洗いしたい程の症状と訴える。

いつも通りの腹腔内調整を行い、花粉症に関係する触診箇所を調べてシールの鍼を貼り付ける。

「あぁ、いいかも!」

3日後に予約を頂き様子を見て頂くことに。

【2回目】前回からの経過を確認してみる。

私:「いかかがでしたか?」

患者様:「翌日シールが剥がれそうでしたが、花粉症出ませんでした!」

せっかくのモニターなので、最後の5回まで受けて頂くお願いをして、次週の治療日まで結果を待つことになりました。

■同時に治療した症状■
腹腔内調整

■使用した主なツボ■
花粉症治療:花粉症①・眼赤穴

腹腔内調整:足三里・陽陵泉・陰陵泉・四瀆

■考察■
もともと胃の不快感や食欲不振を訴えていた。腸の動きが悪く身体の熱が足元に降りていかないため、顔面にとどまりやすくなっていた。経絡で考えても眼は胃の経絡上にある事から症状が出てくるのも頷ける。顔面に溜まった熱を身体の隅々に配れる体質へ改善する事で眼のかゆみも治っていくのだ。