Pocket

足首の捻挫:掃き掃除してただけなんですよ

■患者■
60代の女性

■来院■
2016年12月

■症状■
左足首の外側、外くるぶしの真下辺りが痛く歩くのも一苦労。痛みで屈伸・足首回しが出来ない。股関節を開く・膝を抱き抱える・首の右側に倒す動作に制限あり。

■治療内容と経過■
原因不明ということで歩行動作から確認。股関節の外旋動作に制限が掛かっているのが診て取れた。そこでベットの上で足の裏通しを合わせて頂き両膝をベットに着いてもらえる様にお願いをしてみた。思惑どおり、左膝が浮いてしまう。左肘に刺鍼しもう一度動作を行なって頂く。

「先生!ほらっ!膝がベットに着いた!」

抜鍼後、立ち上がって頂き歩行動作を確認。

「先生!普通に歩ける!」

歩けてはいるが上半身の動作と足首の運びがおかしい。原因がハッキリしていないとの事だったが、上半身の動作がおかしい事を伝えると2週間前に歩道の掃除を行なった時に背中に痛みが走った事を思い出した。

頚椎から胸椎を触診し、可能性ありとして首の動作確認を行う。予想が的中。首を右側屈させると伸展側に痛みが。

足首に熱感がまだあったので手首周りに2本、足首に1本刺鍼し熱感が治るまで置鍼を行なった。

熱感が治り抜鍼後、再び歩行して頂く。問題なし。

念のために屈伸して頂くとまだ若干痛みが…。

最後に足の甲に1本鍼を行いその後屈伸。

「痛くない!お尻まで床に着きそう!」

歩行・屈伸・首の側屈を行い、異常が無いことをお互いに確認して今回の治療は終了した。

■同時に治療した症状■
首の右側屈時の伸展痛・左肩甲間部の痛み

■使用した主なツボ■
曲池・内谷・後谿・足太陽・中腰

■考察■
長時間、竹ぼうきを利き手で押す様に操作していたとのこと。身体の左半分をゴルフの表現でいう「壁」にしていたため、力が左半身に集まり原因を作っていた。特に踏ん張っていた足首に負担が大きかったため、今回の主訴と成った様だ。思い出してみれば、お寺さんではリズムよく左右交互に掃き掃除を行なっている。ちょっとした事なんだが、知らず知らずの内に身体の一部へ負担がかかる動作を行なっていたのだ。偏ったやり過ぎは身体に過度の負担がかかるという見本的な症例だった。