腹部膨満感:ガスがよう出て困るんじゃ

■患者■
70代男性

■来院■
2017年4月

■症状と来院理由■
「花見を楽しむつもりが寒さから風邪をひいてしまい、お腹の調子を崩してしまいました」ととてもハスキーな声で来院下さいました。

いつもは足底の痺れで来院下さっているのですが、本日の主訴は「ガス」。

お腹の調子がというのが、下腹が張って気持ち悪くガスがよく漏れるというものでした。

足底の治療とは別に診せて頂くことになりました。

■治療内容と経過■
内臓の具合は肩周りに反応が出るので、肩周りから触診させて頂きました。案の定、下腹の調子を診る箇所に反応がありました。

続いてお腹を触診。やはり下腹に張りがあり冷えていました。

軽く押さえるとガスが…。

最も緊張が強い反応箇所からお腹を緩めて行くことに。

膝下のツボに鍼をして反応を診る。

患者様:「痛く無いのぅ」

5分ほど置鍼させて頂き、その後確認。

患者様:「気持ち悪くなくなった!」

鍼を抜いた後にお腹を抑えて診る。

患者様:「別に何も感じない。」

お腹に体温が戻って来ていたので感動のリアクションを想像していました。

が、いつもの低めのテンションでの受け答えで、その分安心感を感じながら今回の治療は終了しました。

■同時に治療した症状■
今回無し

■使用した主なツボ■
三陰交、陽陵泉、陰陵泉、足三里、陰谷、曲泉

■考察■
もともと体温調節が苦手な体質で冷え性な方。風邪をひいたことでお腹まで冷えが回ってきて内臓の動きが悪くなったのだと考えました。右上腹部と左下腹部に張りがあり、右下腹部から中央にかけてガスが溜まって膨満感に。置鍼中に何度か放屁があり、治療後はスッキリとされていました。