咳をする度に痛む脇腹

■患者■

70代・女性

 

■来院■

2017年12月

 

■症状と来院理由■

週の中日から左の脇腹が痛くなり、ロキソニンテープを貼って様子をみていたがおさまる様子も無く困っていた。

高校の同級生とお茶をする機会がありその話をすると、当院の事を紹介されたとのこと。

まさか鍼がと思って連絡を入れずに金曜日を迎えたら、咳が出る度に酷く疼くようになり心配になって電話を下さった。

骨折の疑いもあるため、念のため整形外科へ受診後骨折していない事が分かれば鍼治療も可能と伝える。

その後、骨折していない事が分かった。

どうしても翌日に行われる演奏会に参加したいのでという理由があり、当院へでの治療に繋がった。

 

■治療内容と経過■

もともと股関節に問題を抱えていらっしゃるそうで、来院時も歩く度に脇腹が痛み苦しそうな表情をされていました。

ベットに座って頂き触診を始めると、痛い方の肩が非常にこっている事が分かりました。

痛みに耐えて頂きながらベットに仰向けになって頂きお腹を触診。

痛みは肋骨上に走っている事が分かりました。

肩こりもあったため、その肋骨周囲の筋緊張を取ることで痛みの軽減をはかる事を伝えておへそ周囲の筋緊張を調べる。

季肋部(肋骨の内側で腹筋に接する箇所)に2箇所、酷い緊張が見つかった。

より酷い緊張を緩めるため、手にあるツボへ鍼を行い世間話をしながら10分置鍼。

すると、1番大きいと感じた筋緊張が緩み2箇所目の筋緊張が目立ってきた。

そのみぞおちにやや近い筋緊張を緩めるため、膝にあるツボへ鍼を行なった。

今度は1番目とは違い鍼を行なって直ぐという間に緩んできた。

患者様にも触って頂き緩んだことを情報共有。

痛みが軽減をしたところで、肩こりの治療に移った。

起き上がる際の痛みを考慮しベットに寝たまま行うことに。

先に調べておいた、肩こり部分2箇所の筋緊張を緩めるため、手の甲にあるツボへ1つずつ鍼を行なった。

肩が充分緩んだことを確認し、再度お腹を触診すると胃がある部分に緊張があることに気づき確認すると、脇腹の痛みがあり食べることが億劫になっていたため噛まずに飲み込んでしまっていたことが分かった。

痛みを訴えていた肋骨周囲に近いことから、念のため胃の緊張を緩める腕にあるツボへ鍼を行い緊張が緩んだことを確認して鍼を抜いた。

ベットから起き上がるように促し様子を診せて頂くと、来院時よりも動作がスムーズになり顔色が良くなっていたので痛みの感じを確認。

演奏できるレベルという返答だったので、これで今回の治療は終了し演奏後整形外科に再診して頂くことを勧めた。

 

■同時に治療した症状■

肩こり、胃の緊張

 

■使用した主なツボ■

合谷、曲泉、威霊、裏宮、四瀆

 

■治療技術■

腹背編、五体躍動編

 

■考察■

日頃から座っていることが多く、姿勢がクチャッとお腹を潰した感じであるとのこと。

その姿勢から頭の重みを支えるため肩と腹部の筋肉が緊張してしまい、最初は違和感で済んでいたがここ最近の寒さで風邪気味になり、咳が続いて余計に刺激を与えてしまっていたと考えました。

その考えから、咳を出すという動作を行いやすい環境づくりを治療方針としました。

肩こりが解消されたことから上方向への胸が広がりがやすくなり、また季肋部の緊張が無くなったことで肋骨を強く引っ張る原因が無くなったことで痛みが緩和した症例でした。

咳をして肋骨周囲に痛みが出る場合、骨折の可能性も否定できません。

今回の患者様が行なって頂いたように整形外科で骨折の有無を確認して頂いてからご来院いただけすと幸いです。

施術料金

ご予約・問い合わせ先

※土曜・祝日は営業しております。

理由1 自律神経系症状に特化した専門院

地域には多くの施術院がありますが、自律神経に特化している院はほんの一握りです。当院の最大の特徴は、「自律神経の乱れ」からくる不調を改善する専門院であるということです。

身体全体を診ながら、なおかつ自律神経のバランスを整え、人間本来の回復機能を取り戻すための鍼施術を行います。

理由2 一部だけではなく身体全体から分析するから

身体全体から原因を探し出し、ご説明します。
痛みや不調の出ているいわゆる「症状」に鍼をするのではなく「原因」に鍼をすることで、根本からの元気な身体をめざします

理由3 平日、祝日21時・土曜日15時まで営業だから

当院では平日・祝日は20時、土曜日14時まで受付をしております。

仕事帰りでも施術を受けていただけるように、また平日は難しいという方には土曜日をおすすめいたしております。

尚、施術着をご準備しておりますので、服装の心配はありません。

理由4 口コミ1位を獲得している高い技術だから

常に鍼技術・知識のブラッシュアップを追究し、定期的な技術研修会への参加や、学術的方面からの知識習得のため臨床実験への参画など。

また病院勤務経験もあり、病院ならではの症例症状などにも携わり、様々な経験を培い、多角的に技術研鑽に努めております。

理由5 完全個室のプライベート空間だから

施術室は2部屋ございます。
カーテンでの仕切りではなく、完全個室のためプライベート空間での施術となります。

また、自律神経の乱れの多くは我慢の毎日が原因です。
個室のため人の目を気にすることなく、不安に思っていることなど、お気軽にお話しください。

患者様へのメッセージ

”自律神経系症状を専門とする”当院には、鍼が初めての方が多くご来院されています。
身心共に疲れ、胃の不調(機能性ディスペプシアなど)や突発性難聴、喉のつまりなどの自律神経系症状の不具合で、多くの方が辛さを抱えていらっしゃることを、日々実感します。
そんな中、鍼施術が初めての方には鍼と聞いただけで、どんなことするの?と不安を抱く方がいらっしゃるのも事実です。
人にすすめられ鍼灸院へ行ってみよう!と思っても、ハードルが高く、緊張もしますよね。

私も同じく人間なので緊張することもあります。

しかし、はりきゅうルーム恵眞道では、そんな患者様こそ是非ご来院いただけたらと思います。

完全予約制のため、不安や疑問など他の方を気にせずお話しいただけます。

またアクセスについても、一社駅からも近いのでご安心ください。

まずは最初の1歩。少しだけ勇気を出してご来院いただけたらと思います。

もっと詳しい院長のお話しはこちら→

医師セラピストからも推薦をいただいております

はりきゅうルーム恵眞道