Pocket

睡眠を妨げる程の首こり
患者

40代・男性

来院

2018年1月

症状と来院理由

首こりと肩こりが酷く左へ振り向くと首肩が突っ張るため、まともに睡眠が取れない日が続いていた。

仕事が忙しく、病院や整体に行く時間が無く正月休みに入ってしまった。

インターネットで「首こり 肩こり 治療 名古屋」と検索してみると、自分の症状に近い記述が見つかり休暇の最終日に予約が取れたので来院。

治療内容と経過

営業のお仕事をされていて、右手に重たい商品を抱えて外回りをしているという事でした。

そのためもあってか、右肩に異常な程強い筋緊張が…。

首から肩へかけての筋緊張はお尻に反応があることがあり、今回も同様に反応を発見。

これらの筋緊張を取るために背中にあるツボへ鍼を行い、お尻の筋緊張が緩んだことを合図に抜鍼。

本人に効果を尋ねてみると「10だったコリが3になった」とのこと。

続いて残った首の付け根のコリを緩めるために、手の甲にあるツボへ刺鍼し緩んだことを確認して抜鍼。

また効果を尋ねると「3からホボ無くなった」とのこと。

左足の脹脛( ふくらはぎ )に緊張があったため、この緊張を緩める右足の脹脛にあるツボへ鍼を行なった。

左足の筋緊張が取れたことを合図に抜鍼。

首こり、肩こりと脹脛の筋緊張が全て無くなったことを確認して、今回の治療は終了した。

同時に治療した症状

肩こり、左脊柱起立筋とヒラメ筋の筋緊張

使用した主なツボ

T1(1.5)、精霊、築賓、飛陽

治療技術

脊柱編、四肢編、連動思考編、五体躍動編

考察

電気機器の営業販売のため、商品のひとつ、ひとつが大変重く、その持ち運びで体を酷使していた。

利き手の右側で持ち上げているといっても、左足と右腰、右首の筋肉の頑張りがあってのこと。

一言で首こり、肩こりといっても原因は様々。

患者様の生活環境に原因が潜んでいることが多く、今回はお仕事でした。

酷使していた左足、右腰の筋緊張を見逃さずに治療が出来たため、1回の治療で終わることが出来た。